FC2ブログ
音楽 婚活
この大きな塊はマイナーのファッション雑誌《10から来ました Magazine》2011秋冬の刊
自我介绍

xiaonanguo20

Author:xiaonanguo20
欢迎来到FC2博客!


最新文章


最新留言


最新引用


月份存档


类别


搜索栏


RSS链接


链接

将此博客添加到链接


加为博客好友

和此人成为博客好友


尺八と筝曲
近世の音楽を代表するものは浄瑠璃であるが、浄瑠璃と共に近世に発展した尺八の曲と筝曲のことに触れておきたい。
尺八という楽器は、日本では奈良時代から唐楽の楽器として渡来しているのだが、今日、われわれが耳にする尺八の直接の祖先は、江戸時代初期におこった虚無僧尺八である。虚無僧は禅宗の一派とされる普化宗の徒で、尺八は、この宗派の法器とされた。しかし、この尺八も中世では、中間に節一つをもつ一尺一寸余の一節切と称された五穴の竹笛で、虚無僧の前身である薦僧が所持していたものであった。琴古流という流派は、黒田藩黒沢琴古が各地を行脚して集めた古曲・新曲を整調編曲し、元禄の頃に立てた流派である。「鹿の遠音」などの名曲がある。尺八楽二大流派のもう一つは、政府によって宗教の法器として禁止された尺八が大衆楽器として復興した明治中期になって、明暗流の名手中尾都山によって明治二十九年(1896年)に創始された都山流である。両派の特色を一口に言うなら、琴古流は古曲を得意とし、都山流は新傾向の曲に力を注いできたと言えよう。同派の得意とする筝・三弦・尺八による合奏を三曲合奏(または単に三曲)と言う。それ以外、今日“派”を名乗る尺八はずっと以降、大正・昭和初期にかけて形成されたものだ。

コトという楽器は、昔からキンノコト(琴)とソウノコト(筝)とに分けられてきた。ともに弦楽器で長い胴を持っている点は似ているが、絃ごとに柱を置いて調絃するのが筝で、琴にはそれがない。筝曲に用いられるコトは、十三絃の筝で俗筝と言われるものである。筝は奈良時代・平安時代においては管絃合奏に用いられるに過ぎなかった。しかし、次第に独奏楽器としてその適性を発揮していったらしい。

安土桃山時代に久留米の善導寺の僧賢順が、鎌倉時代から九州北部で行われていた筑紫楽と称する古筝曲を集めて整理し、これらを基調として組歌(筑紫詠)10曲を作り、「筑紫流」を創始した。この筝曲がやがて筑紫流筝曲となって、その筑紫流を学んだ八橋検校は調絃を律旋法に改め、組み唄十三曲を発表し、ここに現代筝曲に基礎が築かれたのである。それは恐らく江戸初期の寛文・延宝(16661-1681年)頃だろうと言われている。その後、筝曲の流派はいくつかに分かれたが、生田検校(1655~1715年)が京都において創始した生田流と、十八世紀の後半、江戸の山田検校が一派を立てた山田流とが筝曲界を二分する代表的な勢力となって今日に至っている。

より面白いブログはこちら:
toryburch.blog.jp/
atdiary.jp/kasamiya
naturere321.naturum.ne.jp/
x100.peps.jp/yokonasi
スポンサーサイト
端唄・うた沢・小唄
長唄とともに一言触れておきたいのは、端唄・うた沢・小唄といった小曲のことである。江戸時代には、やはり現今の流行歌曲のような小曲が数多く唄われてきた。その中には都会に持ち込まれた地方民謡もあったが、そうでない端物の唄も多く作られて、人々の口にのぼっていた。それが端唄である。そうした端唄は上方でも江戸でも行われたが、今日、端唄といえば江戸端唄のことである。つまり、「紀伊の国」「さつまさ」「夕暮れ」「びんほつ」などといったものである。ところで、このような江戸端唄の愛好者であった旗本の隠居笹本笹丸たちは、江戸末期の安政年間に、それまでの端唄に品位を与え芸術的な歌曲として整えた「うた沢」というものを確立した。このうた沢はやがて二派に分かれ、寅右衛門派の歌沢と芝金派の哥沢として今日にまで及んでいる。一方、うた沢の発生に前後して生まれたものに江戸小唄がある。幕末から明治にかけて、新しく作曲された清元の浄瑠璃に数多く挿入された端唄は、早間で粋な曲調に改められるのが常であった。

ここに江戸小唄の発生がある。これが単に小唄と称され、一般に流行するようになったのは明治中期以後で、それ以来、次第に小唄人口は増加して、今日なお甚だしい盛況をみている。以上述べてきた、端唄・うた沢・小唄それぞれに特色があって一口で区別することはむずかしいが、端唄は特別な傾向や色あいを持たない素直さがあり、うた沢はゆるやかなテンポで重々しく、小唄は通人好みの渋さをもち、三味線の演奏にも撥を用いないといった特徴がある。

素晴らしいブログを皆さんにおすすめ:
momoai930.exblog.jp/
sawakosawako12.blogspot.jp/
fujiharanaoko55.p-kin.net/
lolynice22.eshizuoka.jp/
長唄
正確に言えば江戸長唄という。地唄の中に長歌(長唄)という種類があるので、それと区別するためである。現代において邦楽の中で一番多くの人に親しまれている音楽である。

江戸長唄は、もともと江戸歌舞伎の中で、舞踊の伴奏として生まれた芝居唄である。したがって、初期の長唄は歌本位の小曲に過ぎなかったが、これを習おうとする人が次第に増えてきて、劇場だけの音楽ではなくなり、江戸時代の末期頃からはお座敷長唄(演奏会用長唄)というものが次第に作られるようになって、独立した日本音楽としての地位を次第に高めていった。

十八世紀中頃の宝暦時代(1751-1764)に、作曲家として、また、唄方として名声のあった富士田吉次は一中節の出であったために、唄に浄瑠璃の手法を加えるようになった。また、文政九年(1826)には浄瑠璃である大薩摩節の家元としての権利も獲得した。このようにして、音楽としての内容を次第に充実させてきたのが長唄であった。

面白いブログを発見:
blog.niwablo.jp/niwasuki11/
blog.zige.jp/sakura001/
eling.ti-da.net/
blog.livedoor.jp/liaoxin2012/
古曲
豊後系浄瑠璃は以上挙げたものの他に、宮薗節・繁太夫節が今日残されている。宮薗節は宮古路豊後掾の門弟宮古路薗八が立てた流派で、発祥地の上方において一時栄えていたが、文化・文政の頃には衰えて、江戸に移された時には断片的な十曲が遺されたに過ぎなかった。現代では一中節・河東節・荻江節と並んで古曲と一口に称される。十曲中の代表曲は「鳥辺山」であるが、その古雅で美しい曲調は今でも人の心を魅惑するものを持っている。また、繁太夫節は地唄の中に繁太夫ものとして残っているだけである。

無駄にはならないブログはこちら:
raiyo.citylife-new.com/
kobe.areablog.jp/page.aspidx=1000051806
sunnnmui.blog.com/
blog.murablo.jp/ramuro/
常盤津・富本・清元
宮古路豊後掾の同門の富士松薩摩掾は、その一門から鶴賀新内を世に出し、一派は新内節として知られるようになった。さらに初代常盤津文字太夫の高弟で富本豊前掾は別の一派を立てて富本節と称した。また二代目富本豊前太夫の脇をつとめていた二代目富本斎宮太夫は、これも一派を立てて文化11年(1814)に清元延寿太夫と名のり、清元節をひろめた。

こうして豊後系浄瑠璃の中でも常盤津・富本・清元の三浄瑠璃は血のつながりの最も濃い間柄と言うことができる。したがって、この三派を豊後三流とも言っている。しかし、現代に至って三派の中で富本節は殆んど滅亡の一歩手前にある。これを再興しようという企てはもあるが、昔全盛を極めた時代の富本が再現することは恐らくあるまい。富本節がこうした運命を辿ったのは、常盤津と清元の中間に位置する曲風が、大衆に見放される結果となったのであろう。

最新話題、おすすめです:
xiatian2012.meblog.biz/
garona.naganoblog.jp/
daidaka.seesaa.net/
yaplog.jp/brandfumi/
歌舞伎について
歌舞伎は近世初頭に阿国の歌舞伎踊りとして始まった。

「歌舞伎」は後世の当て字で、本来は「傾く」(かたぶく)という当時の日常用語が使われた。街中を目立つ風体で闊歩する(ツッパリ)の若者をかぶき者(傾き者)と呼んだが、その風俗や言動を舞踊劇に面白おかしく取り込んでいったのが「かぶき踊り」だった。

寸劇がやがて本格的ストーリー(狂言)となり、立役(たてやく)・女方(おんながた)・敵役(かたきやく)などの役柄・配役(キャスト)が整備されて、多幕物のつづき狂言に発展してく。

初期の歌舞伎が民衆に深く浸透するにつれ、幕府は風俗紊乱を理由にしばしば干渉。それにつれて歌舞伎を演ずるスターたちも〈遊女〉〈若衆〉〈野郎〉と替わった。野郎歌舞伎となってはじめて、男優がすべての役柄を演ずる今日の様式が確立する。

近世に入った直後に鎖国し、海外からの影響が少なかった約200年の間に、歌舞伎は上方や江戸の都市文化を色濃く反映し、対話劇・浄瑠璃劇・舞踊劇を融合した独自の舞台芸能のスタイルを作り上げていく。

[元禄(1688~1704)] 消費経済の主役となった町民の文化を背景に、歌舞伎は上方と江戸にそれぞれ独自の狂言を作りあげた。上方の歌舞伎では富豪の若旦那が零落し遊女と濡れ場を演ずる「和事」狂言を生み、一方江戸では全国から集まった武家の子弟や農村からの移住者を背景に御霊信仰(不動明信仰)のシンボル曽我五郎などが活躍する「荒事」狂言が生れた。
第一次完成を見たこの時代に、猿若(中村勘三郎)や初代市川団十郎が活躍し、近松門左衛門などの優れた作家が輩出した。

[天明(1781~1789)] 元禄が終わると歌舞伎の人気は低迷する。対照的に人形浄瑠璃は全盛を迎える。役者の芸にたよる歌舞伎はアドリブも多く、ストーリーの貧弱さが観客に飽きられたのだ。これにひきかえ作者が筆の力で脚本を書く浄瑠璃は、筋立ても複雑で内容も優れ観客を楽しませた。そこで歌舞伎は人形浄瑠璃の台本をそのまま取り入た狂言を上演する。「仮名手本忠臣蔵」、「義経千本桜」などが代表的。せりふ部分を役者が、三味線にのせてかたりの部分を竹本(義太夫の太夫)が唄う。舞台は音楽的になり、演技はより舞踊的なっていく。まず上方で起こったこの動きは江戸にも入り、唄いや三味線合奏を洗練した江戸長唄も登場する。

[文化・文政(1818~1830)] 文化の中心は上方から江戸に移り、退廃的傾向が強まった時代。ここで登場したのが鶴屋南北(1755~1839)。「東海道四谷怪談」が代表作で知られるが、庶民の恋愛の感情や義理をリアルに描く「世話物」(せわもの)といわれる新しい作品群で人気を博した。芝居に底辺の庶民の生活や、尖がった江戸言葉(『べらんめえ調』など)をおり込んだことも特徴。 [幕末] ペリー提督の来航などで世の中が騒がしくなった時代。歌舞伎にもう一人の天才作家が登場した。河竹黙阿弥である。『月は朧(おぼろ)に白魚の…』(「三人吉三」)、『知らざあ言って聞かせあしょう…』(「弁天小僧」)、誰もが知っている名台詞の作家。これらの作品は町の小悪党を主人公にしたので「白浪物」(しらなみ:泥棒物)ともいわれ、名優四世市川小団治と組んで大成功した。

オススメブログはこちら:
hamq.jp/i.cfm?i=brandmobi
wowosweet.blog.wox.cc/
sareller.wordpress.com/
maruta.be/mataru
科学的に認定された「世界一癒やされる音楽」
好きな音楽を聴いてリラックスしたり、波の音や小川のせせらぎを聞いて心を落ち着けたり、音が心理的に心を癒す力をもつことはよく知られています。また胎教のように妊娠中に快い音を聴くことは、赤ちゃんの感性に大きな影響を及ぼすと言われています。

古代ローマでは、音楽を「心の薬」として治療に使っていました。大きな縦笛のような楽器を患者の胸に押し当て、その上で楽器を演奏するんですね。つまり、心がある胸の部分に直接、音を届けて治療するという方法です。

音楽療法とは、楽器を演奏したり、歌ったり、それから演奏を鑑賞することで癒し効果をもたらし、心や体の問題を改善させる方法です。

1993年、Natureに掲載された研究者グループによる研究が一躍スポットライトを浴びた。UCIの学生36人にモーツアルトのソナタを聞かせたところ、試験でIQが8~9ポイント上がったことが判ったという。

認知症患者への音楽は良い刺激となりこれをきっかけとしてQOLやADLが改善することも多いのです。各自の音楽歴を聴取し、青春の頃に流行した曲を用いるとインパクトが強いということもわかりました。

ヒーリング・ミュージックは、心理的な安心感を与えたり、気持ちをリラックスさせたりするために作られた音楽。癒し音楽。

科学的に認定された「世界一癒やされる音楽」はマルコニ・ユニオンが作曲した「ウェイトレス」という作品です。ウェイトレスとはレストランで勤務するあのウェイトレスではなく、「無重力」(weightless)という意味です。

海外の研究で、科学的に「最もリラックスできる曲」として認定されたのは、上記の動画の曲で、マルコニ・ユニオンが作曲した『無重力(weightless)』だそうです。

2014 年に最も人気のあるブログ:
chuntian2012.cscblog.jp/
wanntyan.a-thera.jp/
blog.goo.ne.jp/xiatian2012/
tukauhouhouhasiranai.blog.fc2.com/